Quantcast

Active Meditations OSHO Whirling Meditation

OSHO Whirling Meditation

OSHO Whirling Meditation

 
 この瞑想は、ゆったりとした衣服を着用し、裸足で、そして空腹の状態で行うのがいちばんです。1時間の瞑想で、ワーリング(旋回)と休息の二つのステージからなります。
ワーリングは 古いスーフィーのテクニックです。全身が動いている間、あなたはまさにそのあなたの実存、中心にいる観測者に気づきます。それは不動のものです。あなたは台風の中心にいて、何物でもない觀照者でいることを学びます。
 

 「ワーリングは、もっとも古い技法のひとつであり、しかしもっとも強烈なもののひとつだ。たった一度の体験でさえ、あなたをまったく変えてしまうほど、深みのある瞑想だ。目を開けたまま、ぐるぐる回りなさい。ちょうど、幼い子どもがぐるぐる回り続けるように。あたかも、あなたの内なる実存が中心になり、あなたの全身は動く車輪、回転する“ろくろ“になったかのように。あなたは中心にいて、身体全体は旋回している」Osho

 
第1ステージ 45分間
 
 ワーリングは立っているその場で、時計と反対の方向に回ります。右腕を高く上げ手のひらは上向きにし、左腕は低くして手のひらを下向けにします。幼い子どもが回るように回り続けます。時計と反対方向に回ると不快に感じる人は、時計まわりに変えてもかまいません。その場合は腕の位置も変えます。身体を柔軟に保ち、目は焦点を定めず開けたままにします。そうすることで、視界がぼやけて流れになります。沈黙したままでいましょう。

 最初の15分間はゆっくりと回ります。少しずつ速度を増して行きます。ついにはワーリングが乗っ取り、あなたがエネルギーの渦になるまで回ります。周辺は嵐のように激しく動いていますが、中心には観照者が静かに沈黙しています。

 非常に速くワーリングしていると、あなたは真っ直ぐにしていられなくなり、身体がひとりでに倒れます。倒れようと自分で決定したり、前もって準備しようとしてはいけません。あなたの身体が柔軟であれば、柔らかく倒れ、大地があなたのエネルギーを吸い込んでくれます。一旦倒れたら、その場にとどまります。これがあなたにとって第2ステージの始まりです。

 
第2ステージ 15分間
 
 音楽が止まった時にまだあなたの身体が倒れていなければ、地面に倒れるのを許しましょう。直ちにうつぶせになり、へそが大地と接触しているようにします。まるで幼い子どもが母親の胸に抱かれているように、あなたの身体が大地に溶け込んでゆくのを感じましょう。うつ伏せた状態で強い不快感を感じる場合は、仰向けになってもかまいません。
 目を閉じたまま、受け身で静かにしています。
 
 
音楽をダウンロードするには ここをクリック
音楽CDを購入するには ここをクリック
さらにOshoのアクティブ瞑想を観たい方は ここをクリック