Quantcast

About Meditation? 瞑想においての、セラピーの役割とは何ですか?

瞑想においての、セラピーの役割とは何ですか?

<< Back

 ブッダは、彼のサニヤシンのために、どんな精神療法も決して必要としなかった――人びとは無垢だったからだ。しかし、この2500年の間に、人びとは純粋さを失い、あまりに物知りになってしまった。人びとは存在とのの接触をなくしてしまった。そして、根こそぎになっている。

 私は、セラピーを用いるが、セラピーではなく瞑想に興味がある最初の人間だ――ちょうど荘子やゴータマ・ブッダが瞑想に興味があったように。彼らは決してセラピーを用いなかった。というのも、その必要がなかったからだ。人びとはただ準備ができていて、地面をきれいにしなくてもバラの木を持ち込むことができた。地面はすでにきれいだった。この2500年の間に、ひとはあまりに多くのゴミを背負わされ、その存在にあまりに多くの雑草がはえてしまったので、地面をきれいにし、雑草やその根を取り払うために、私はセラピーを用いている。それによって、昔の人びとと現代人との違いは壊される。

 現代人を、昔の人びとと同じくらい無垢に、単純に、自然にさせなければならない。彼らはこれらのすばらしい質を失ってしまった。セラピストは彼らを助けなければならない――でも、その仕事は準備だけだ。終わりではない。終わりのパートは、瞑想になる。


Osho: The Great Pilgrimage: From Here to Here, #27

<< Back