Quantcast

About Meditation? 瞑想をすれば幸せになりますか?

瞑想をすれば幸せになりますか?

<< Back

多くの人たちが私のところへやって来て、自分は不幸だ、何か瞑想を与えて欲しいと言う。私は言う。第一に、あなたはなぜ不幸なのかを理解することが基本だ。そして、あなたがそれらの根本的な不幸の原因を取り除かない限り、私が瞑想を与えても、たいして役にはたたないだろう。なぜなら根本的な問題は残るからだ。

ある人はとても上手な美しい踊り手なのかもしれない。彼は事務所に座って書類の山にうずもれている。踊りを踊る見込みなど少しもない。その人は星空の下で踊りを楽しんだかもしれない。ところが、彼は銀行にお金を貯めることしかしない。そして、彼は不幸だと言う。「何か瞑想を与えて欲しい。」私は与えることはできる。だが、その瞑想をしてどうなると言うんだね?どうなって欲しいのかね?彼は同じ人間のままだ。お金を貯めつづけ、社会的地位を競い合う。瞑想はある助けになるかもしれない。このばかげたことを、もっとうまくやり続けるために、彼をもう少しリラックスさせることができるかもしれない。

それが、TMが多くの西洋人にやっていることだ。そして、それが、超越瞑想が人を引きつける理由だ。マハリシ・マヘッシ・ヨギは言い続ける。仕事の能力が向上し、あなたは出世するだろう。もし、あなたが、セールスマンなら、より成功したセールスマンになる。それは、能率を向上するだろう。アメリカ人は、能率を上げることにかけては熱狂的だ。すべてを失ってでも能率を上げたがる。それゆえに、人は引きつけられる。

そう。それは、あなたを助ける。あなたを少しリラックスさせる。それは、鎮静剤だ。マントラを唱え続けることにより、ある言葉を休みなく繰り返すことにより、あなたの脳に化学変化が起こる。それは、鎮静剤だ。音の鎮静剤だ。それは、あなたのストレスを減らし、翌日、あなたが社会生活の中で、より有能に、競争に勝ち抜くのを助けるだろう。だが、それはあなたを変えない。それは変容ではない。

あなたは、マントラを唱えることはできる。あなたは、ある種の瞑想をすることはできる。それは、あなたを少しばかり助けるだろう。しかし、それはあなたが、あなたのままでいる助けにしかならない。

それゆえに、私に引きつけられるのは、本当に恐れ知らずの、自分の人生のパターンを変え、持っているすべてを賭けることをいとわない、向こう見ずの人たちだ。なぜなら、あなたは事実、あなたの不幸せとみじめさ以外何ひとつ賭けるものを持っていないからだ。だが、人々はそれにすらしがみつこうとする。

こんな話がある。人里離れた野営地に、一日の炎天下の行軍訓練を終えて、新兵の分隊が戻って来た。「何たる人生だ!」新兵が言った。「こんな僻地で、軍曹は自分がフン族のアッチラ王だと思いこんでいる。女はいないし、酒もなく、休暇もない。その上、長靴は2サイズほど小さいときている。」「そんな我慢をするこたぁないだろう、相棒!」隣にいた男が言った。「何で他の長靴に取り替えないんだ?」「やなこった!」と、答えが返ってきた。「それを脱ぐ時がたったひとつの楽しみなんだ!」

他の何を賭けようというのかね?みじめさだけだ。あなたの唯一の楽しみは、その話をすることだ。人々が自分のみじめさを語るのを見てごらん。なんて幸せそうに見えることか!彼らはお金を払って、精神分析医のところに行き、自分のみじめさについて話す。お金を払ってだ!誰かが注意深く耳を傾けてくれる。彼らはとても幸せだ。人々は自分のみじめさを繰り返し繰り返し物語る。彼らはそれを誇張し、飾り、大きく見せようとすらする。彼らはそれを実物大よりも大きく見せようとする。なぜだろう?何ひとつ賭けるものなどない。しかし、人々は知っているもの、慣れ親しんだものに執着する。みじめさは彼らが知っているすべてだ。それが彼らの人生だ。何も失うものはないのに、失うことを恐れている。私と伴にいるならば、幸福が先にくる。喜びが先にくる。生を祝おうとする態度が先にくる。生を肯定する人生観が先にくる。楽しみなさい!もし、あなたが仕事を楽しむことができなかったら、仕事を変えなさい。待たないこと。なぜなら、あなたが待つ間はずっとゴドー(ベケットの戯曲に登場する決して現れることのない主人公)を待っているのだから。ゴドーは決して現れない。人は待ちつづける。そして、人生を無駄にする。誰を、何を待っているのかね? もし、人生のある特定のパターンがあなたをみじめにするということがわかったら、すべての古い伝統は、悪いのはあなただと言う。私は、悪いのはそのパターンだと言いたい。どこに重点を置いているかその違いを理解しようとしなさい。

あなたは悪くない。ただ、あなたのパターン、あなたが学んだ生き方が間違っているのだ。あなたが学び、あなたのものとして受け入れた動機づけは、あなたのものではない。それらは、あなたの宿命を満たすものではない。それらは、あなたの気質に合わない、あなたの本質に反するものだ。

覚えておきなさい。あなた以外の誰も、あなたの代りに決めることはできない。彼らの戒律、秩序、道徳はすべて、あなたを殺すためだけのものだ。あなたは、自分で決めなければならない。あなたの人生を自分の手で掴み取らなければならない。そうしなければ、生があなたの扉をたたいても、あなたはそこにいることがない。あなたはいつもどこか違うところにいる。

あなたが、踊り手になるようになっていたら、生はその扉からやってくる。なぜなら、生は、あなたが今までに踊り手になっているべきだと考えるからだ。扉をたたいてもあなたはいない。あなたは銀行家だ。生は、あなたが銀行家になったなんて、どうやって知ることができるかね?

神は、彼があなたになって欲しいと思う方向からやってくる。彼はその住所しか知らない。だが、あなたはそこでは見つからない。あなたは何処か他のところにいる。他の人の仮面をかむり、他の人の衣装を着て、他の人の名前を名乗っている。どうやって神にあなたを見つけろと言うんだね。彼はあなたを探し続けている。彼はあなたの名前を知っているが、あなたはその名を忘れてしまっている。彼はあなたの住所を知っているが、あなたはそこに住んだこともない。あなたは、世の中があなたのじゃまをするのを許してしまった。

神は、ただひとつのやり方であなたを見つけることができる。たったひとつのやり方でしかあなたを見つけることができない。それは、彼があなたになってほしいかったような、 あなたの内面の開花だ。あなたは、自発性を見つけない限り、あなた自身の要素を見つけない限り、幸せになれない。そして、幸せになれなければ、瞑想的になれない。

なぜ、この考えが人々の頭の中に浮かぶのだろう?瞑想をすれば、幸せになれる。事実、人々は、幸せな人のいるところに、常に瞑想的なマインドを見つけることができた。二つは結びついている。美しい、瞑想的な環境が漂う人を見つけた時は必ず、その人がとても幸せで、至福にあふれ、輝いているのを発見した。それらは、関連づけられる。彼らは、瞑想的になれば幸せがやってくると考えた。

それは、まったく逆だ。あなたが幸せな時、瞑想がやってくるのだ。しかし、幸せになるのは難しく、瞑想を学ぶのは簡単だ。幸せになるにとは、あなたの生き方を思いきって変えることを意味する。それは、不意の変化だ。なぜなら、無駄にする時間はない。突然の変化―突然の雷鳴―断絶だ。

それが、サニヤスの意味だ。過去からの断絶、突然の雷鳴、そして、古いあなたは死に、あなたは第一歩から再出発する。あなたは、生まれ変わる。もし、両親から、社会から、社会的地位から無理やりパターンを押しつけられなかったら、生きたであろうあなたの人生を再出発する。誰もあなたの邪魔をしなかったら生きたであろう人生、生きられるべきだった人生。しかし、あなたは邪魔された。あなたは、あなたに強制されたパターンをすべて落とさなければならない。そして、自分自身の内面の炎を見つけなければならない。

A Sudden Clash of Thunder

<< Back