Quantcast

OSHO Times The Other: Myself あなたに責任がある

あなたに責任がある

 私はよく他人に嫌な気分にさせられます。これをどうやって変えたらいいでしょうか?

 凡庸な心はつねに責任を他のだれかに投げつける。あなたを苦しめるのはつねに他人だ。妻があなたを苦しめ、夫があなたを苦しめ、両親があなたを苦しめ、子どもたちがあなたを苦しめ、あるいは社会の経済システム、資本主義、共産主義、ファシズム、優勢な政治イデオロギー、社会構造、それとも運命、カルマ、神……ありとあらゆるものが!

 人びとはあの手この手で責任を回避しようとする。だが、他のだれかが、Xが、Yが、Zが自分を苦しめていると言ったとたんに、あなたはそれを変えることができなくなる。なにができるだろう? 社会が変革されて共産主義の時代になり、階級のない世界になって、ようやくだれもが幸せになる。そうなるまで、それは不可能だ。貧しい社会でどうして幸せになれるだろう? 資本家に牛耳られている社会でどうして幸せになれるだろう? 官僚主義社会でどうして幸せになれるだろう? 自由を認めない社会でどうして幸せになれるだろう?

 口実、また口実、また口実――たったひとつの洞察、「私は自分に責任がある。だれも私の責任を取れない。これは絶対に完全に私の責任だ。私自身が私の今の状態をつくりだしたのだ」という洞察を避けるための口実。それがこの経文の意味だ。

 すべての非難が一箇所に集まってくる、

 それはあなたへと集まってくる。

 ひとたびこの洞察が定まったなら

 「私は自分の人生に責任がある――すべての苦しみ、すべての痛み、私に起こったこと、起こっていることのすべて――それは私がそうなるように選択したのだ。これは私がまいた種であり、いまその結果を収穫している。私に責任がある」――ひとたびこの洞察が、あなたのなかで自然な理解になったなら、そのとき、他のすべてのことが簡単になる。そのとき人生は新たな展開を見せはじめ、新たな次元へと進みはじめる。その次元とは、転換、変革、変容だ――というのも、ひとたび自分に責任があるとわかったなら、それを落とそうと決意すれば、いつでもそれを落とすことができる、ということもわかるからだ。私がそれを落とすことをだれも止められない。

 あなたが自分の惨めさを落とすことを、惨めさを至福に変容することを、だれかが止められるだろう? だれにも止められない。あなたがたとえ監獄のなかで、鎖につながれ、閉じ込められていても、だれも「あなた」を閉じ込めることはできない。あなたの魂は依然として自由なままだ。もちろん、あなたはきわめて制約された状況のなかにいるが、その制約された状況のなかでも、あなたは歌をうたうことができる。自分の無力さに涙を流すこともできれば、歌をうたうこともできる。足を鎖をつながれていても踊ることができる。そのときには鎖の音でさえメロディを奏でるだろう。

 次の経文――あらゆる人に感謝しなさい。

 アティーシャはまったくもって科学的だ。最初に彼は言う――すべての責任を自分で取りなさい。次に彼は言う――あらゆる人に感謝しなさい。あなたの惨めさについて、あなた以外、他のだれにも責任がないとしたら――惨めさはすべて自分自身がつくりだしたものだとしたら、後にはなにが残っているだろう?

 あらゆる人に感謝しなさい。

 なぜなら、あらゆる人があなたが変容される空間をつくりだしているからだ――あなたの邪魔をしているつもりの人たちでさえ、あなたが敵だと思っている人たちでさえ。あなたの友人たち、あなたの敵たち、善い人たちも悪い人たちも、順境にあるときも、逆境にあるときも――そのすべてが一丸となって、あなたが変容されてブッダとなりうる状況をつくりだしている。あらゆる人に感謝しなさい――助けてくれた人たち、妨害をした人たち、無関心だった人たちに。あらゆる人に感謝しなさい、なぜなら、彼らは一丸となってブッダが生まれる、あなたがブッダになる状況をつくりだしているからだ。

Osho, The Book of Wisdom, Talk #5より抜粋
 
さらに英文にてお読みになりたい方は、 ここをクリック
 

Osho: Book of Wisdom, Chapter5