Quantcast

Osho Osho On Topics 非永遠性と共に生きる

 生の非永遠性と生きるにはガッツがいる。なぜなら、いつもなにかが変化し、そのたびにあなたは自分を変えなければならないからだ。人は一定のままでいたがる——その方が安全で、安心のように思えるのだ。古い人間はそうやって生きてきた。古い人間は冒険を好まなかった。そのすべての関心は安全性にあった。新しい人間は冒険心を持つことになる。その関心は安全性にはなく、関心はエクスタシーにある。
 人は、「私は知らないが、知ることに関心がある。私には、どんな次元、どんな冒険にも入っていく用意がある」と言えるだけの能力と勇気を持つことになる。新しい人間には危険を冒す用意がある。古い人間はひじょうにビジネスライクで、危険を冒す用意はまったくなかった。危険とは呪いのことで、安全こそが古い人間のゴールだったのだ。 だが、安全と共にあなたは死に始める。生がより高く、より高く豊かさを増して成長していくのは、ヒマラヤのいくつもの頂に届くのは、冒険、絶えることのない冒険の中でのみだ。