Quantcast

Getting There 飛行機の旅

飛行機の旅

インドへの航空券

インドへの航空券の価格や予約状況は、時期によって異なります。あらかじめ余裕をもって、オンラインの情報や旅行代理店で確認しておいた方がよいでしょう。混み始めるのは、モンスーンの後の9月で、年末にピークを迎えます。そして、4月頃に始まる暑季まで続きます。

 

プネー国際空港

ほとんどの国際線のフライトはムンバイに到着しますが、プネー国際空港に到着する直行便もあります。プネー国際空港は、OSHO インターナショナル・メディテーション・リゾート から、タクシーで15分から20分ほどの距離で、ムンバイからプネーまでのタクシーに費やす約4時間を節約できます。

プネー空港には、フランクフルトおよびドバイからの国際線の直行便が運航されています。そして、その他多くのインドの国際空港(ムンバイ、デリー、アフマダバード、チェナイ(マドラス)、コルカタ(カルカッタ)、バンガロル、ハイデラバード、ゴア)からの国内線が到着します。

2013年10月27日からスパイスジェットがバンコック——プネー間の直行便を開始しました。週4便の就航価格は、約15,999Rsです。

入国手続きは簡単かつ迅速に行われます。

 

ムンバイからプネーへのフライト

ジェット・エアウェイズでは、土曜を除く毎朝、10:05ムンバイ発——10:55プネー着のフライトがあります。このジェット・エアウェイズの朝のフライトがあなたにとって都合がよいかどうかは、あなたのムンバイへの到着時間によるでしょう。エコノミークラスの価格は、片道約7,000~9,000Rsです。

これらインドの国内線は、インドまでの国際線のフライトを予約する際に、その航空会社で予約することがほぼ可能です。 

 

国際空港から国内空港への行き方(ムンバイ)

ムンバイからプネーへのフライトは、ムンバイの国内空港ターミナル2から出ています。ムンバイの国際空港から国内空港までは車で約15分間の距離です。

国際空港から国内空港へ向かうもっとも簡単な方法は、ジェット・エアウェイズの送迎バスを利用することです(ただし、それは大抵、フライトの2時間前だけしか出されません)。または、ザ・リーラホテル行きの送迎バスに乗って、ザ・リーラホテルに行き、そこからホテルの国内空港行きの送迎バスに乗ることもできます。

あるいは、国際空港を出る際に国内空港行きのローカルタクシーを予約して、それを利用することもできます。

 

フライトの待ち時間

ザ・リーラ・ケンピンスキーホテルとコートヤード・バイ・マリオッドは、両方とも国際空港の近くにあり、エアコン完備のコーヒーショップやレストラン、バーがあります。もし、長時間フライトを待つ場合は空港で過ごすよりも、はるかに快適でしょう。その上、どちらのホテルも定期的に国際空港・国内空港への送迎シャトルバスを無料で提供しています。また、両方のコーヒーショップでは、お手頃な価格のブュッフェや清潔なトイレがあります! そして、スイミングプールの一日会員も利用できるようです。

ムンバイの国内空港は近年、全面的に改装を行い、快適にフライトを待てるようになりました。また、国内空港の隣にはセントゥールホテルもあります。国内空港には休憩室もあり、予約して仮眠を取ることができます。両方の空港とも外の駐車場に荷物一時預かり所があります。

 

プネーに到着したら

プネー空港から、前払いタクシー(空港の到着エリア内で予約します)を使い、OSHO インターナショナル・メディテ-ション・リゾートの地域まで(約7km)、エアコンなしの車で約 200Rsで行くことができます。あるいは、トラベルマスターであなたの宿泊先まで連れて行ってくれるタクシーを予約することもできます。

トラベルマスターでの予約については、こちらをご覧ください。

(トラベルマスターへの予約等は全て英語になります。)