Quantcast

Getting There 列車の旅

プネー行きの電車に乗れるムンバイ地区の駅は、2つあります。ひとつは、 CST(Victoria Terminus - VT) そして Dadar駅です。ムンバイの中心地にあるCST が、電車の始発駅です。Dadar stationの方がCSTよりも空港から近いですが、あまり荷物のない場合だけ Dadarを使った方がよいでしょう。電車は3分間しか止まりません。(また、Deccan Queen号は Dadarには止まりません。)どちらの場合でも、CST からのチケットを予約します。空港から、タクシー(空港の窓口で先払いします)でCSTまで、およそ Rs.250-Rs.300位で交通事情により -2時間かかります。

電車で旅するには、チケットと予約が必要です。ほとんどの電車の座席は、何日か前に予約が一杯になってしまいます。 最善の方法は、トラベルマスターを通して事前に電車のチケットを予約することです。

彼らは、電車のチケットを空港で手渡してくれます。

どちらかの駅のfirst-class booking officeで、チケットを買うことはできます。もし必要なら、チケットを持って電車に乗り込み、中で車掌から予約券を買うこともできます。(予約なしのための罰金を Rs.180ほど支払わなければならないでしょう。でも、しばしば満席です)なのでチケットなしで電車に乗り込まない方が無難です。

もうひとつの選択として、ムンバイに少し滞在できるなら、CSTの外国人専用予約窓口で、自分でチケットを買うことができます。そこには、外国人のためにチケットが確保されていますが、あなたは電車の出発時刻の10時間以上前に予約しなければなりません。彼らは時々、銀行での両替証明書の提示を要求します。

駅とポーター

インドの駅というのは、それ自体が冒険です! すごい人ごみと、色彩と、においと、混乱を覚悟しておいてください。あなたのタクシーが止まると、ポーターたちに取り囲まれるでしょう。(彼らはターバンを巻いて、番号のついたアームバンドをしています)落ち着いて、注意深く、荷物をタクシーから取り出して下さい! これが忘れ物をしやすい瞬間です。あなたは監督であり続けなければいけません、さもないとポーターの海に押し流されてしまうでしょう! ひとりのポーターを選んで(もし必要なら2人それぞれに支払う必要がありますが)彼にチケットを見せると、あなたの電車と席を見つけてくれます。もし電車がまだホームに入ってない場合、彼はあなたといっしょに正しいプラットホームで待ってくれます。ポーターがあなたの指定した場所に荷物を置いたかどうか、確認してください。

政府の定めた駅のポーターのレートは、120kgまで16ルピーです。しかし、あなたがほんとうに必要なら、Rs.50-Rs.60 もしくはもう少し支払うつもりでいて下さい。ポーターはおそらくRs.150要求するでしょう、そう、これがあなたの最初の値段交渉かもしれません。Rs.45から始めて、それから少し上げるとよいです。「それは去年の値段だ!」と言われるかもしれません。もし助けが必要なら、ビジネススーツ姿の旅行者を探して下さい。(彼らはたいてい英語を話します)通訳をしてくれるでしょう。

食べ物と飲み物

電車内で、スナックサービスがあります。問題があった話は聞いたことはありません。でも、注意深くあるほうがよいでしょう。飲み物は安全のようです。ナイフやカップなどは、日本から持参の消毒用ウェットティッシュで拭いて下さい。缶と瓶詰めの飲み物は安心して良く、熱い食べ物の方が冷たい食べ物より安全です。

推薦する電車

Satabdi train は、全車両がエアコン車です。そして、2つのクラス Executive (約Rs.750)と、AC Chair(約Rs.365)があります。どちらを選んでも良いです。

値段には、朝食、ティーまたはコーヒー、ミネラルウォーターが含まれています。いずれかのクラスのプネーまでのチケットを、窓口で買って電車に乗り込み、車内で差額を払うことも可能です。明らかに、いつも空席はあります。現在の時刻表については、スケジュールの欄を見て下さい。

値段は、A/C Chair Class(CC)または、CCがない場合2nd Class A/C Sleeper(AC)のものです。この値段の1/3ほどの安いチケットもありますが、ここにある方のクラスを推薦します。

電車は、朝 :00 a.m.から、夜 11:30 p.m.まで発車しています。

Travel Mastersで予約するにはここをクリック