Quantcast

Getting There 基本情報

基本情報

インドおよびプネーへの旅 —— 基本情報

ビザ

インドに入国するにはビザが必要です。日本のインド領事館または大使館の ウェブサイトで、日本でのインドビザ取得方法を調べることができます。

通常のビザでは、1回の入国に付き最長6ヶ月まで滞在することができます。6ヶ月期限のビザがビザの発給日から始まるのか、インドへの入国日から始まるのかを確認しておいた方がよいでしょう。観光ビザは、法的にインド国内で延長することはできないので注意してください。もしあなたがインドを出国して他国に行き、2ヶ月以内に再入国する場合、あなたのビザにそういった制限が課されていないか、旅行前に必ず知っておいてください。ビザの有効期間のみ、OSHO メディテーション・リゾートに滞在できます。

予防接種

あなたに必要かもしれない予防接種の情報は、 こちらで調べることができます。

大部分の衛生の専門家は、最新のポリオ、チフス、破傷風の定期的な予防接種を受けることを薦めています。多くの人びとは、その他の予防接種を受けておらず、単に健康的な食事をとることに気をつけています。例えばムンバイに滞在する予定があるならば、マラリアの感染予防を考えておくべきです。しかし、プネーに滞在するほとんどの人びとは、蚊除け薬(スプレー)を使用するのみです。

インドまでのフライト

もっとも近くて便利な国際空港は、ムンバイ(ボンベイ)です。二番目はデリーですが、プネーからかなりの距離があります。エコノミークラスのロンドン/ムンバイ間の往復チケットの最低価格は、米ドルで$500から$700ですが、時期に依って価格が異なります。

東京成田または大阪関西空港から、ムンバイまたはデリーまでのフライトは、数社の航空会社から週に数便ずつあります (エアーインディア、全日空、大韓航空、キャセイ・パシフィックなど)。往復チケットの価格は、種類(フィックス/オープン)、滞在期間(15日、45日、1年など)、時期(ハイ/ローシーズン)によって異なりますが、10万円~25万円ほどです。 インドへのフライトは、12月中旬から1月初旬までが最も価格が高く、予約も混雑します。所用時間は、日本からムンバイまでの直行便で約9時間です。

プネー空港は、ムンバイから約25分、デリーから約2時間のフライトです。このインド国内線は、インドまでの国際線のフライトを予約する際に、その航空会社で予約することができます。 あるいは、その他のインドの国際空港からプネー空港への直行便を検討することもできます。ムンバイとデリーに加えて、インドの国際空港・アフマダバード、チェンナイ(マドラス)、コルカタ(カルカッタ)からのフライトがプネー空港に運航しています。

インドおよびプネーのフライトに関する更なる情報は、 こちらをご覧ください。

ムンバイからプネーへのフライトは変更されることがあるので、事前に確認してください。定期スケジュールは こちらで見ることができます。

陸路でのムンバイからプネーへの移動

もし、次のプネーへの便を待たずに車でプネーに向かう場合は、快適な高速道路での約4時間の旅路となります。ムンバイ空港で落ち合う車は、メディテーション ・リゾート内にある旅行代理店、 トラベルマスターで予約することができます。料金は こちらをご覧ください。予約は オンライン上でできます。(予約はすべて英文のみです)

陸路での旅には、ボトル入り飲料水と軽食、そしてティッシュペーパーも持っていきましょう。